Multi Language Website

2017/07/28|Categories: Website|

日本語ブログの第一弾は、マルチ言語のウエブサイトに係る考察としてみました。尚、当日本語サイトではメニュータイトル、ブログタイトルは日本語を使用しておりません。これはブラウザーの環境によっては日本語を使用した場合 URL タイトルバー文字列がパーセント等の表記に置き換わってしまう為です。ご了承下さい。 さて、Web での情報を見ると、マルチ言語サイト作成時の注意として3つの基本と有ります; ポイント1.言語切り替えはわかりやすく、見つけやすい位置に ポイント2.言語ごとにコンテンツを用意しよう ポイント3.サイト内のコンテンツをすべて翻訳する必要はない しかしながら、ページ毎に言語を切り替えて参照する方はさほど多くは無いと考えます。又私のサイトでは、英語サイトの情報量はそれ程多くは無いので、まず右から左へ英語サイトをショップメニューを除いて日本語化してみました。英語のブログの内容は、これからやろうと思っている日本語サイトのブログの内容にはそぐわないと考えますので、ブログは英語サイト、日本語サイト別物となります。 日本語のフォントをどうしようかと思い、色々探して Google の NotoSansCJKjp をインストールしてみたのですが、大きさ 13MB の割にさほど綺麗に表示できないようです。むしろ英語フォントの Maven-Pro が気に入りました。英語フォントでは日本語表示できないのではないかという先入観が有りましたが、全く問題無く表示されます。 WordPress では UTF-8 という文字コードセットが標準で装備されています。この UTF-8 は ASCII コードの文字に加え、世界中の文字を加えたものです。ASCIIコードで以外の文字は、2~6バイトで表現され、日本語の文字は、基本的に3バイトで表現します。 ASCII コードとの互換性が良いため、パソコンで扱いやすく、世界中の多くのソフトウェアは、UTF-8に対応しています。そのため、「パソコンの世界共通語」と言っても過言ではありません。その為、別にさほど気に掛けなくても WordPress 上の日本語が、環境の違うブラウザーを通して表示しても文字化けすることは有りません。一昔前のインタネーットブラウジング環境を思い起こせばまるで天国です。 今後、Web での日本語環境を楽しめる情報を今後も発信して行くという事で、本日はこれまで。 貴方のコメント歓迎します。投稿にニックネームを使用できますが、有効な Email アドレスを記入して下さい(Email アドレスは表示されません) Website の欄に記入をいただきますとそのアドレスはリンクとして表示されることになります。コメントはスパム防止の為、モデレーションさせていただいております。又当社のプライバシーポリシーをご参照下さい。